【ミャンマー】FMI、シャン州で病院取得=国内5施設に[医薬](2018/10/09)

ミャンマーの財閥系持ち株会社ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)の子会社、パンライン・インターナショナル病院とヨマ・シロアム病院パンライン(YSHPH)は、北東部シャン州タウンジーのセイン(SEIN)病院の株式70%を取得した。取得額は490万米ドル(約5億5,800万円)。

ヤンゴン証券取引所(YSX)への届け出によると、株式の取得は9月28日に完了しており、セイン病院はパンライン・シロアム病院へ改称する。セイン病院は現在、100床。一次~二次医療を手掛けている。

今後はYSHPHが7割、セイン病院が3割を出資する合弁会社を設立し、病床数の拡大や医療設備の拡充を図る。

セイン病院の取得に伴い、国内のパンライン・シロアム病院は計5カ所に増加する。最大都市ヤンゴンのラインタヤ郡区に病床数170の旗艦病院を構えるほか、中心部とタンリン郡区のスター・シティーでは診療所を1カ所ずつ運営。第2都市マンダレーにも病院を置く。

YSHPHには、FMIが6割、パンライン・シロアム病院を運営するインドネシア系リッポー・ホールディング・カンパニーが4割を、それぞれ出資する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント