【ベトナム】機械工具のフルサト、現法設立[製造](2018/10/04)

建築鉄骨や配管資材、機械工具などの事業を手がけるフルサト工業(大阪市、東京都大田区)はこのほど、子会社2社が合弁でベトナム現地法人を設立したと発表した。1日から営業を開始。製造業の進出が増えるベトナムにおいて、現地生産施設への機械工具提供でアジアの商流を補い、顧客との取引の円滑化を図る。

現地法人リトラエンジニアリング(ベトナム)は、ホーチミン市1区グエンコンチュー通りのTNRタワーに入居する。資本金は50万米ドル(約5,690万円)。フルサト工業の子会社である機械工具の卸しを手がけるジーネット(大阪市)が80%、主に自動車産業向けの切削工具などを取り扱う岐阜商事(岐阜市)が20%出資する。切削工具、工作機械および周辺機器、生産ライン自動化関連機器の販売を手がける。

フルサト工業は1959年の設立。日本国内の50カ所以上に拠点を置く。海外には、ベトナムのほか、中国の江蘇省とタイにグループ会社を構えている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント