【ミャンマー】ヤンゴン空港、今年の利用者400万人達成[運輸](2018/08/30)

ミャンマー最大都市ヤンゴンのヤンゴン国際空港(YIA)は、28日、2018年の利用者が400万人に達した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が伝えた。

400万人目の利用者は、中国雲南省昆明から中国東方航空便で到着したマ・キン・プー氏で、歓迎式典が開かれた。同氏には現金100万チャット(約7万2,000円)と、首都ネピドーのホテル宿泊券などを含む100万チャット相当の祝い品が渡された。

YIAは年間利用者2,000万人の受け入れ能力を持つ。17年の利用者は前年比8.5%増の592万人で、うち66%は国際線、34%が国内線の旅客だった。

現在は航空会社28社が国際線、8社が国内線を運行している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント