【インド】LCCスパイスがバイオ燃料で運航、国内初[運輸](2018/08/29)

677bc456 a1d9 4b12 9c37 f3476b485664
バイオ燃料を使った試験運航の成功を発表するスパイスジェットの関係者ら(同社提供)

バイオ燃料を使った試験運航の成功を発表するスパイスジェットの関係者ら(同社提供)

インドの格安航空会社(LCC)スパイスジェットは27日、国内で初めてバイオ燃料を使った試験運航を成功させたと発表した。北部ウッタラカンド州デへラードゥーン―デリー間の飛行で、バイオ燃料を25%混合したジェット燃料を使用した。機材はボンバルディアQ400。

今回使用したバイオ燃料はヤトロファを原料とし、科学産業研究委員会(CSIR)傘下のインド石油研究所(IIP)が開発した。ボンバルディアとプラット・アンド・ホイットニーの航空エンジン向けとして、米国材料試験協会(ASTM)が認証している。PTI通信によると、試験運航では40分余りの飛行に向けて、約330キログラムのバイオ燃料を用意した。

スパイスジェットのアジャイ・シン会長兼社長はバイオ燃料混合の燃料について、「従来のジェット燃料への依存度を最大50%引き下げる可能性があり、航空運賃の値下げにつながる」と指摘。二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する点にも言及し、燃費効率を向上させた新型機の導入や食品容器のリサイクルなどを含め、環境保護に努めていることを強調した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント