【カンボジア】鉱業省、国内油田は年産500万トン可能[資源](2018/07/25)

カンボジアのスイ・セム鉱業・エネルギー相は、これまでに同国の陸地と沖合で25カ所の油田を確認済みであり、年産500万トンの原油生産が可能だとの認識を示した。高棉日報(電子版)が伝えた。

カンボジア国内には、海底油田鉱区6カ所(ブロックA~F)と陸上油田19カ所(同1~19)が確認されている。AとBの鉱区はシンガポールのクリスエナジーが開発しており、来年末にも原油生産を開始する予定だ。A鉱区では当初、3,100万バレルの原油生産を見込む。

C鉱区ではマレーシア企業が参入を検討中。その他の鉱区も複数の企業が探査権を申請している。

カンボジア政府は石油・ガスを円滑に輸送するため、南部シアヌークビル州から首都プノンペンや他州に延びるパイプラインを整備する計画だ。懸案となっている石油法案の原案を、年末か来年初めに閣僚評議会(内閣府に相当)に提出する方針を明らかにしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント