【シンガポール】シンガポール航空、羽田便を1日4便に増便[運輸](2018/07/19)

シンガポール航空(SIA)は18日、12月28日から羽田便を増便すると発表した。現在の1日3便を同4便に増やす。

増便分の往路(SQ630)はシンガポールを午後5時25分に出発し、羽田には翌午前1時に到着。復路(SQ639)は午前2時30分に羽田発、同9時15分にシンガポール着となっている。

今回の増便で、羽田と成田を合わせた東京便の運航便数は1日6便となる。

このほかSIAは、10月28日から来年3月30日までの期間、大阪便にエアバスの超大型機A380を投入する。1日2便運航している大阪便のうちの1便に使用。往路(SQ618)は午前1時30分のシンガポール発、同8時45分の大阪着、復路(SQ619)は午前11時の大阪発、午後5時10分のシンガポール着となる。現在は2便ともボーイング787を使っているが、A380導入で大阪便の座席供給数は週720席余り増えることになる。

SIAはこのほか日本路線で福岡、名古屋便をそれぞれ1日1便運航。傘下のシルクエアーは広島便を週3便、格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアは大阪便を同11便、札幌便を同4便、成田便(台湾・台北あるいはタイ・バンコク経由)を17便飛ばしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント