【インド】物流アダニが日本郵船と合弁、車の鉄道輸送[運輸](2018/07/18)

インドの財閥アダニ・グループ傘下のアダニ・ロジスティクスは16日、日本郵船(NYK)グループと合弁会社を設立すると発表した。自動車の輸送需要が高まる現地で鉄道輸送を手掛ける。

NYKオート・ロジスティクス・インディア(NALI)と合弁会社を設立し、2019年4月をめどに営業を開始する。社名や投資額、出資比率などは非公開。国内販売向け完成車と輸出用完成車の鉄道輸送を予定する。

アダニ・ロジスティクスはインド国内でコンテナ貨物駅や内陸コンテナ基地の運営、貨物輸送などを展開。NALIは西部グジャラート州ピパバブ港で完成車の物流ターミナルを15年から運営している。合弁会社では両社の知見を集約することで、より効率的で環境に配慮した自動車輸送の体制を構築する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント