【タイ】積水化学、住宅開発プロパティーと合弁設立[建設](2018/06/13)

積水化学工業は12日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクトと合弁会社「PFーSekisui JV(PFセキスイJV)」を設立すると発表した。分譲地開発のノウハウを持つプロパティーと組み、タイで一戸建て分譲事業に参入する。

登録資本金は2億バーツ(約6億9,000万円)。プロパティーが51%、積水化学が49%それぞれ出資する。

PFセキスイJVは、プロパティーが保有する分譲地内で、約70区画の一戸建て分譲計画を進めている。売上総額は約70億円に上る見通し。開発場所は明らかにしていないが、2019年1月にも販売を開始する予定。

積水化学の担当者はNNAに「合弁設立で収益の増加を目指す。今後もタイでの事業を拡大していきたい」と述べた。

積水化学は、09年にタイの素材最大手サイアム・セメント・グループ(SCG)と合弁で、ユニット住宅の生産会社「SCGセキスイ・インダストリー」と、販売会社「SCGセキスイ・セールス」をそれぞれ設立した。

13年には、中部サラブリ県で積水化学の海外初となるユニット住宅の量産工場を竣工し、現在までに800棟以上を売り上げた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント