【台湾】MOP林口第2期が着工、24年開業へ[商業](2021/07/06)

30c8b1a0 6295 43e8 a88f 6c10553c1e72
MOP台湾林口第2期の完成予想図(三井不動産提供)

MOP台湾林口第2期の完成予想図(三井不動産提供)

三井不動産は2日、2016年1月に開業した「三井アウトレットパーク台湾林口(MOP台湾林口、新北市林口区)」の第2期開発計画を着工した。24年の開業を見込む。

MOP台湾林口に隣接する「林口国際媒体(メディア)園区」内に建設する。完成後、第1期と第2期を合わせた敷地面積と延べ床面積、店舗面積はそれぞれ従来の約1.5倍に、店舗数は約220店舗から約310店舗に増加する見通し。専門店に加えエンターテインメント施設の導入も検討している。

三井不動産は現在、台南市で「三井アウトレットパーク台南(MOP台南)」(仮称)、台中市では「三井アウトレットパーク台中港(MOP台中港)」の第2期の建設をそれぞれ進めている。いずれも22年に開業予定。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント