【マレーシア】アクシアタ、3カ国でオープンラン商用化試験[IT](2021/06/30)

マレーシアの通信大手アクシアタ・グループは28日、複数のメーカーの製品を相互に接続して構築する「オープンラン」と呼ばれる通信網の商用化試験をマレーシア国内とインドネシア、スリランカで行ったと発表した。年末までの本格的な商用化を目指す。

試験は無線通信ソリューションを手掛ける米マベニアやパラレル・ワイヤレスなどと協力して実施。スリランカでオープンランの試験が行われたのは初という。

アクシアタ・グループのトーマス・ハント副社長(技術担当)は「オープンランは第4世代(4G)移動通信システムの拡大や第5世代(5G)移動通信システムの発展に不可欠だ」とした上で、商用化により農村部などサービスが行き届いていない地域の需要に対応できるようになると説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント