【ベトナム】濃厚接触者の自宅隔離を試験導入、首相指示[社会](2021/06/29)

ベトナムのファム・ミン・チン首相は27日、新型コロナウイルスの二次感染(F1)の疑いがある人に対して、自宅での隔離措置を試験的に導入するよう要請した。これまでは集中隔離施設に収容していたが、収容者の増加で衛生管理などが徹底されず、隔離施設で二次感染が広がる事例が相次いだことを受けた措置だ。VNエクスプレスなどが伝えた。

同日に行われた南部ドンナイ省とビンズオン省の代表者との新型コロナ対策会議で言及した。チン氏の要請を受けて、保健省は同日、感染が拡大しているホーチミン市に対してFIの疑いがある人の自宅隔離を実施するよう指示。家族との共用スペースとは別の独立した部屋があるなど、すべての条件を満たす場合が対象で、隔離期間は28日間となる。

政府は今後、自宅隔離措置の導入地域を拡大していく方針を示している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント