【カンボジア】メイバンク、中銀デジタル通貨バコンと提携[金融](2021/06/24)

マレーシアの商業銀行最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)の現地法人メイバンク・カンボジアは、カンボジア国立銀行(中央銀行)が発行するデジタル通貨「バコン」の導入を発表した。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

メイバンク・カンボジアのダト・モハド・ハニフ・サウディ(Dato’ Mohd Hanif Suadi)最高経営責任者(CEO)は、「メイバンクの顧客はバコンのアプリを利用して、他行への送金や電子決済が容易にできるようになる」とコメント。「従来は米ドルしか他行へ送金できなかったが、カンボジア通貨リエルでの送金が可能になり、リエルの利用促進にもつながる」と述べた。

また、メイバンクはカンボジアの中銀と共同で、バコンの決済システムとメイバンクのデジタルプラットフォーム「メイバンク2u」を利用した、二国間のリアルタイム送金や決済の実現に取り組んでいるとも明らかにした。「在マレーシアのカンボジア国民や在カンボジアのマレーシア国民だけでなく、両国の企業にも恩恵をもたらす」とした上で、今後もカンボジアの金融包摂(ファイナンシャル・インクルージョン)やキャッシュレス社会への移行を支援していく方針を示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント