【ベトナム】グラブと政府機関、農産物販売で協力覚書[農水](2021/06/11)

ベトナムで農産物の生産者や販売業者を支援するため、配車アプリ最大手グラブ(ベトナム)と政府機関など4者がこのほど、協力覚書を締結した。農業分野の中小企業や合作社などのデジタルトランスフォーメーション(DX)と農産物販売を支援する。9日付トイバオキンテー電子版が報じた。

覚書を結んだのは、計画投資省企業発展局(AED)と農業・地方開発省農産物加工・市場開発局(アグロトレード)、投資貿易促進センター・ベトナム合作社連盟(ITPC―VCA)、グラブの4者で、期間は3年間。

コロナ禍の影響を受けている地域の農業生産者に対し、グラブのプラットフォームなどを通じて農産物の販売を促進するとともに、各地の農業生産者や運送業者、販売業者を結びつけて、農産物の運搬を円滑化する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント