【カンボジア】首都で新発電所稼働、7万世帯分の電力供給[公益](2021/05/04)

カンボジアの首都プノンペンで、出力20万キロワットの火力発電所が稼働した。設計や建設は中国重型機械(CHMC)とドイツのエンジニアリング会社MANエナジー・ソリューションズが担当。カンボジア電力公社(EDC)が運営する。クメール・タイムズ(電子版)が4月30日伝えた。

同発電所の建設に当たっては、CHMCがEPC(設計・調達・建設)業務、MANがエンジンなど関連設備の供給と試運転を担当。液体燃料とガス燃料双方を切り替えて運転できるデュアルフューエルエンジン「MAN18V51/60DF」を採用し、約7万世帯に「天候などに左右されることなく、電力を安定供給できる」(MAN幹部)態勢を整えた。

カンボジアでは水力発電が主力で、乾期になるとダムの水位が低下し、水力発電所の稼働が部分的に停止する課題に直面している。2019年には電力需給が逼迫(ひっぱく)して計画停電に追い込まれた経緯もあることから、政府は発電所や送電網の整備を急いでいる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント