【インド】JFEエンジ、バングラデシュ支店を開設[公益](2021/05/12)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は11日、バングラデシュのダッカに支店を開設したと発表した。1億6,000万人を超える人口を抱え、経済成長を背景にインフラ整備が加速する同国で、受注拡大を目指し営業活動を強化する。

JFEエンジニアリングにとって、南アジアの拠点はインドに続く2拠点目となった。バングラデシュ支店は4月1日に開設。日本人支店長と現地人社員2人の計3人体制で、4月から営業を開始した。

同社はバングラデシュで手がける初の事業として、2015年11月にカチプール・メグナ・グムティ橋の改修工事を受注した。施工中のジャムナ鉄道専用橋など、広報担当者によるとその後も複数の事業を請け負うことが決まっており、今後も受注拡大が見込めることから、支店の設置を決めた。

JFEエンジニアリングは今後数年で、海外売上高に占める東南アジア・南アジア売上高の割合を50%以上に引き上げる目標を掲げている。南アジアでは、11年にインド法人、JFEエンジニアリング・インドを設立。インドでの受注も順調に伸びているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント