【フィリピン】グローブCEO、米ライブパーソン取締役に[IT](2021/04/29)

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムのアーネスト・クー社長兼最高経営責任者(CEO)が26日、米ナスダック上場の米IT企業ライブパーソンの取締役に就任した。両社が発表した。

ライブパーソンは対話型AIを活用した商取引へと事業分野の移行を進めており、クー氏には需要増大への対応で力を発揮することが期待されている。クー氏は今後もグローブのCEOを続ける。

ライブパーソンは、電子決済サービス「Gキャッシュ」など、グローブのデジタル事業への移行を指揮した人物としてクー氏を紹介した。フィリピンで顧客窓口業務を請け負うビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業を先導した先駆者であり、国民の生活スタイルをモバイル中心に変容させたと説明している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント