【インドネシア】プルタミナ、VLCC新造船が日本から到着[資源](2021/04/19)

05b20824 784d 41ea 9d53 24e2a0805b48

インドネシア国営石油プルタミナは15日、石油ガスの海上輸送を手掛ける子会社プルタミナ・インターナショナル・シッピング(PIS)が先にジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)から調達した新造船の大型原油タンカー(VLCC)「プルタミナ・プライド」を披露した。

タンカーは、2月9日にJMUの熊本県有明事業所で引き渡され、ランプン州タンガムス県のスマンカ湾に寄港している。

タンカーは200万バレル型の次世代省エネ船で、全長は330メートル、載貨重量は30万1,781トン、総トン数は15万7,116トン。PISは、同型のVLCC計2隻をJMUに発注し、5日にもう1隻の「プルタミナ・プライム」も有明事業所で引き渡しが行われた。

16日付ビスニス・インドネシアによると、プルタミナのニック社長は「新造船は従来の船舶に比べて燃料消費量を5%削減できる。新造船の購入は、PISのグローバル化と国際市場への事業展開を目指す計画の一環だ」と説明した。

プルタミナ子会社がジャパンマリンユナイテッド(JMU)から調達した「プルタミナ・プライド」(JMU提供)

プルタミナ子会社がジャパンマリンユナイテッド(JMU)から調達した「プルタミナ・プライド」(JMU提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント