【フィリピン】スービック自由港高速道、拡幅工事が完了[運輸](2021/02/22)

フィリピンの北部ルソン高速道路(NLEX)を運営するNLEXコーポレーションは20日、スービック自由港高速道路(SFEX)の拡幅工事が完了し、19日に正式開通したと発表した。経済特区があるクラークやスービック間で、モノやサービスの輸送効率の改善が期待される。

拡幅工事の総工費は16億ペソ(約34億8,000万円)で、区間は8.2キロメートル。片側1車線から片側2車線に広げたほか、橋を2カ所、トンネルを1カ所ずつ新設した。国際基準の発光ダイオード(LED)ライトも設置した。

ビリヤル公共事業道路相は、SFEXが物流やサプライチェーン(調達・供給網)を改善させると指摘。「約1万人の利用者が恩恵を受けるだろう」と話した。

NLEXコーポレーションは、北部ルソン高速道路の接続道路の建設やカンダバ高架道路の保守事業も進めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント