【韓国】サムスンのメモリー、プロセッサー機能搭載[IT](2021/02/18)

15dcdc93 9696 45c7 8128 5fe340b45ab1

韓国のサムスン電子は17日、演算処理に必要なプロセッサー機能を搭載した半導体メモリーを業界で初めて開発したと発表した。

「HBM(High Bandwidth Memory)」と呼ぶ帯域幅の広いDRAMに、人工知能(AI)プロセッサーを統合して並列処理能力を高めた。中央演算処理装置(CPU)とメモリーの間のデータ移動が減るため、消費電力を7割削減できるという。また、ハードウエアやソフトウエアの変更が不要のため、既存のシステムに迅速に統合できる利点がある。

プロセッサー機能搭載のメモリー製品は現在、顧客による検証が進められており、今年の上半期中に検証が完了する見込みという。

サムスン電子のメモリー事業部商品企画チーム長の朴グァンイル専務は「顧客各社と協力を強化して、新製品の活用の幅を広げていく」と述べた。

サムスン電子はプロセッサー機能を搭載したメモリー「HBM-PIM」を開発(同社提供)

サムスン電子はプロセッサー機能を搭載したメモリー「HBM-PIM」を開発(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント