【中国】20年の携帯出荷台数21%減、5Gは1.63億台[IT](2021/01/12)

73794e9c ea65 49cd 8647 7960122399fa

中国工業情報省(工情省)傘下のシンクタンク、中国信息通信研究院(CAICT)は11日、携帯電話機の国内出荷台数が2020年は前年比20.8%減の3億800万台だったと発表した。このうち、第5世代(5G)移動通信システム対応機種は1億6,300万台で、全体の52.9%を占めた。

20年に発売された携帯の新機種は19.4%減の462機種。うち5G機は全体の47.2%に当たる218機種だった。

12月単月の携帯出荷台数は前年同月比12.6%減の2,659万5,000台となり、8カ月連続の前年割れだった。うち5G機は全体の68.4%を占める1,820万台で、7カ月続けてシェア6割を超えた。12月の新機種は28.6%増の45機種が投入され、うち5G機は全体の42.2%に当たる19機種だった。

国内ブランド携帯の出荷台数は、12月が22.8%減の2,055万3,000台、1~12月が23.5%減の2億7,000万台だった。市場シェアはそれぞれ77.3%、87.5%となった。

出荷された携帯のうちスマートフォンの割合は、12月が94.8%、1~12月が96.0%だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント