【ベトナム】公共投資の実行率、20年は82.8%に上昇[経済](2021/01/08)

39527346 880f 49cf 91d1 699292da5021

ベトナム計画投資省によると、2020年の公共投資の実行率は82.8%となり、過去5年で最高を記録した。新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動が鈍る中、成長をけん引した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が7日に伝えた。

昨年の公共投資額は398兆ドン(172億米ドル、約1兆7,777億円)だった見込みだ。ここ数年は実行率が低下基調にあったが、急に上昇した。国家予算を財源とする公共投資の実行率は91.1%となり、過去10年で最高だった。

政府機関別では、中央政府の17省庁・機関と地域別で17省市の実行率が8割を超えた。一方、13省庁、5省市は6割未満と低調だった。

20年1月1日には、改正公共投資法(39/2019/QH14)が施行した。各政府機関に対し、毎年の予算を全て使うことを求めている。未消化分の予算は当該機関の中期公共投資計画から差し引かれる。計画の策定と実行の効率向上につながることが期待される。今年元日に施行した官民連携(PPP)投資法や改正投資法などと合わせ、投資関連の規定の改善が進められている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント