【ベトナム】エースコック、カップ麺レストラン展開へ[食品](2020/12/08)

エースコック(大阪府吹田市)のベトナム法人エースコックベトナムは、14日に北部ハイフォン市で開業するショッピングモール「イオンモール・ハイフォン・レチャン」の1階で、ビュッフェ方式のカップ麺レストラン「ビュッフェ・ミーリー(カップ麺)」を開店する。

面積は152平方メートルで62席ある。客は麺の種類やトッピング(11種類中4つ)、スープ(6種類中2つ)を選ぶことができる。1食分の価格は1万ドン(43米セント、約45円)。

エースコックベトナムの梶原潤一社長は地元紙に、今後は各主要都市で直営のビュッフェ・ミーリーを開いて消費者の反応を観察していくことを検討するという。

国内では即席麺(袋麺とカップ麺を含む)が年に約54億食消費されており、うち30億食はエースコックが占めている。ベトナムでは袋麺に比べカップ麺の消費量が(相対的に)少ないため、レストランの出店は消費者の嗜好(しこう)を確かめ、カップ麺の消費を促進していくための調査やマーケティングの狙いがあるという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント