【中国】宅配便取扱量、初の700億件突破[運輸](2020/11/19)

中国国家郵政局は17日、年初からの宅配便取扱量が16日時点で700億件を突破したと発表した。年間での700億件突破はこれが初めて。今年通年では800億件を超える見通しという。

同局は、電子商取引(EC)の発展が宅配便取扱量の増加に寄与していると説明。特に地方都市や農村部での取扱量が増えていることや、11月11日のインターネット通販の一大セール「双十一」期間の取扱量が伸びた点を指摘した。11月1~11日の宅配便取扱量は39億6,500万件に達し、うち11日は前年同日比26.2%増の6億7,500万件と過去最高を更新した。

同局はまた、宅配便サービスが新型コロナウイルスで影響を受けた企業の操業再開のほか、外出が困難になった消費者へ向けたオンライン・オフラインサービスの融合に貢献したと強調している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント