【カンボジア】アンコール航空、首都―中国鄭州市便を開設[運輸](2020/09/23)

カンボジア政府が出資するカンボジア・アンコール航空(CAA)は21日、首都プノンペンと中国・河南省鄭州市を結ぶ路線を開設した。クメール・タイムズ(電子版)が同日伝えた。

往路は午後1時35分にプノンペン発、同6時半に鄭州市着。復路は午後7時半に鄭州市発、同10時55分にプノンペン着。CAAの広報担当者によると、同路線は10月24日まで週1便を運航する。その後は増便も検討している。

CAAはまた、プノンペンとベトナムのホーチミン市または南部カントー省を結ぶ路線の開設も検討している。ベトナム当局の承認を待っている段階という。

CAAは、国内線ではプノンペンと北西部シエムレアプ、南部シアヌークビルを結ぶ路線を運航している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント