【台湾】ドンキ、台北市に台湾1号店開設へ[商業](2020/09/11)

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)が、台北市に海外向けブランド「ドンドンドンキ」の台湾1号店を出店するもようだ。台湾の人材紹介サイト大手「104人力銀行」では、300人以上の人材募集情報が掲載されている。

PPIHの広報担当者は10日、NNAに対し、「リリースで正式に発表する」と述べるにとどめた。

募集中の職種は商品販売人員、生鮮処理人員、夜勤人員、管理職など7種類。給与はフルタイム2万6,000台湾元(約9万4,000円)から、パートタイム時給180元から。9月23日に台北市大安区で合同面接会を行い、11月中旬までに結果を通知するという。

応募画面に掲載されている勤務地は台北市万華区。経済日報は、「ドンドンドンキ1号店は万華区西門町にオープンする」と伝えた。

募集情報の提供元企業は、台湾泛亜零售管理顧問。台湾経済部(経済産業省)の登記情報によると、設立は2020年4月27日で、資本金は2,000万元。

ドンドンドンキはシンガポール、タイ、香港にそれぞれ出店。7月にはマレーシアに来年2店を出店すると発表していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント