【中国】上半期のデータ通信量、3割増の745億GB[IT](2020/07/23)

中国工業情報省(工情省)が21日発表した上半期(1~6月)の通信利用動向によると、モバイルインターネットによるデータ通信量は745億ギガバイト(GB)で、前年同期比34.5%増加した。ただ伸び率は前年同期(107.3%増)から72.8ポイント失速した。

このうち、携帯電話端末からのデータ通信は30.4%増の720億GBで、全体の9割以上を占めた。

携帯電話の通話時間は1兆740億分で、前年同期比10.3%減少した。ショート・メッセージ・サービス(SMS)の送受信量は24.3%増だった。

中国移動通信集団(チャイナ・モバイル)、中国電信集団(チャイナ・テレコム)、中国聯合網絡通信集団(中国聯通、チャイナ・ユニコム)の3大通信キャリアによる上半期の通信業売上高は3.2%増の6,927億元(約10兆6,200億円)。このうち、固定通信業務は12%増の2,363億元だったのに対し、移動通信業務は4,564億元と0.9%減少した。

3大キャリアの携帯電話契約数は、6月末時点で0.6%増の15億9,500万件。うち第4世代(4G)移動通信システムユーザーは12億8,300万件で、全体に占める割合は80.4%と、第1四半期(1~3月)末に比べ0.2ポイント上昇した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント