【中国】国際便での入国、搭乗前の陰性証明が必須に[社会](2020/07/22)

中国民用航空局(民航局)、税関総署、外務省は21日、海外から中国に乗り入れる航空便の乗客に対し、搭乗時に新型コロナウイルスのPCR検査による陰性証明書の提出を求めると発表した。海外からの新型コロナの流入を防ぐためとしている。

中国行きの航空便の乗客は、搭乗前5日以内に検査し取得した陰性証明書が求められ、検査は中国の在外公館が指定・認定する機関で行う必要がある。外国人は陰性証明書を取得後、中国在外公館で「健康状態声明書」の申請が求められる。

一方で在外公館に対しては、各国のPCR検査能力に応じて具体的な実施ルールを設定するよう指示している。

民航局はまた、各航空会社の担当者が乗客の搭乗前にこれらの書類を確認し、不備があった場合は搭乗させないよう、厳格に検査するよう指示した。

中国では新型コロナウイルスの水際対策として、海外からの全ての渡航者に対して空港でのPCR検査を義務付けている。これに加えて出発地での検査を強化することによって、水際対策をいっそう強める狙いとみられる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント