【香港】キャセイ株主総会、政府による支援案承認[運輸](2020/07/15)

香港の航空最大手キャセイパシフィック航空(国泰航空)は13日、優先株発行などによって香港政府などから総額約390億HKドル(約5,400億円)の資金支援を受ける資本拡充案が同日の臨時株主総会で圧倒的多数で承認されたと発表した。これにより、キャセイは当面の資金難を回避できる見通しだ。14日付信報などが伝えた。

同日承認された資本拡充案は、◇政府に対する195億HKドル相当の優先株発行◇権利行使額が19億5,000万HKドル相当のワラント(新株引受権)発行◇政府からの78億HKドルのつなぎ融資受け入れ――の3本柱。さらに英系複合企業スワイヤ・パシフィック(太古)、中国国有航空大手の中国国際航空(エアチャイナ)、カタール国営カタール航空の三大株主に対して割り当て増資を実施し、約117億HKドルを調達する。

これらの議案に対する賛成票はいずれも99%を超えた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント