【シンガポール】外国人12人を強制退去、感染対策違反で[社会](2020/07/14)

シンガポール警察は13日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染対策として施行した「COVID19(暫定措置)法」に違反した外国人12人を強制退去させたと発表した。日本人は含まれていない。

12人は、経済・社会の活動制限を実施したサーキットブレーカー期間中に、他人を自宅に招いたことなどが罪に問われた。マレーシア人の男(23)は友人を自宅に招き、飲酒した上でバイクを運転。COVID19法と道路交通法に違反した。

中国人の女(37)は他人を自宅に招き、マッサージや性的サービスを提供。インド国籍の20~33歳の男女10人は、うち3人の住む家に他の7人が訪問した。

警察と移民局(ICA)は、12人全員の就労ビザまたは学生ビザを取り消した。既に本国への送還を完了しており、今後の再入国は認めない。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント