【中国】コロナ対策国債、第1~2弾を月内発行[経済](2020/06/17)

中国財政省は15日、新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策の財源となる新型コロナ対策特別国債の第1、2弾の入札を18日に実施すると発表した。19日に発行する。特別国債は今年1兆元(約15兆1,200億円)を計画しているが、第1、2弾ではそれぞれ500億元が発行される。

第1弾は5年債、第2弾は7年債。いずれも23日から流通を開始する。入札は利回りを基準に行われる。

李克強首相は、5月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で行った政府活動報告(施政方針演説に相当)で、1兆元のコロナ対策特別国債の発行を表明。資金は全て地方の末端行政に直接交付し、企業と国民に直接的な利益がもたらされるようにすると説明していた。

16日付北京商報は財政専門家の見解として、まず1兆元の10分の1に当たる1,000億元を発行することについて、6月は中央、地方政府による債券1兆元前後が発行される予定があり、市場流動性への影響を考慮してこの規模になったと紹介している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント