【フィリピン】北ルソン道、ハーバーリンク最終区間が開通[運輸](2020/06/16)

フィリピンの北部ルソン高速道路(NLEX)を延伸する「ハーバー・リンク」で、環状3号(C3)線と放射道路10号線(R10)をつなぐ区間の工事が完了し、15日に開通した。

同区間はハーバー・リンクの最終区間。マニラ首都圏カローカン市を走るC3線のカローカン料金所から、ナボタス市のR10までの2.6キロメートルを結び、カローカンのインターチェンジでハーバー・リンク第10区間(5.65キロ)に接続する。

同区間の工事は、新型コロナウイルス対策として実施されたルソン島の外出・移動制限措置により、90%が完了した段階で中断されていた。5月中旬の制限措置の一部緩和を受けて再開した。

地元紙によると、NLEXの延伸ではほかに、マニラ南港近くのアンダ・サークルに接続する高架道路の建設が計画されている。ビリヤル公共事業道路相は13日、同延伸事業について、道路運営事業者NLEXコーポレーションと近く合意するとの見通しを示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント