【中国】バンダイナムコ、クレーンゲームのコラボ店[サービス](2020/06/01)

アミューズメント施設運営のバンダイナムコアミューズメント(東京都港区)は5月29日、同社がプロデュースしたクレーンゲームのアミューズメント施設が北京でオープンしたと発表した。エンターテインメント事業の企画開発などを手掛ける北京十二棟文化伝播が運営する店舗で、北京市大興区の商業施設「北京薈聚中心(LIVAT Centres)」に設けた。

店舗名は「LLJ夾機占×南夢宮無限店(大興薈聚)」で、店舗面積は363平方メートル。営業時間は午前10時から午後10時まで。

バンダイナムコアミューズメントは、クレーンゲーム店舗事業に関する業務提携契約を北京十二棟文化伝播と結んだ。今回の店舗は、クレーンゲームのコラボ施設「LLJ×NAMCO」の1号店となる。運営は北京十二棟文化伝播が、プロデュースはバンダイナムコアミューズメントとグループの中国法人が担当する。

バンダイナムコアミューズメントによると、自社製品のクレーンゲーム機「クレナ2」を活用し、日本で培った運営のノウハウを生かしていく考えという。

LLJは北京十二棟文化伝播が2017年に1号店を開業したクレーンゲームを中心としたアミューズメント施設。北京、上海、広州など8都市で16店を展開する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント