【インド】ムンバイの封鎖、月末まで延長へ[経済](2020/05/18)

インド西部のマハラシュトラ州政府は、新型コロナウイルス対策の都市封鎖をムンバイを含めた各地で月末まで継続する方針だ。同州のデサイ産業相は「住民の健康が第一で、産業や経済はその次だ」と理由を説明した。民放NDTVなどが15日に伝えた。

マハラシュトラ州のタークレー首相らとの会合の後で、デサイ氏が州政府の方針を明らかにした。具体的には、ムンバイのほか、プネとタネ、マレガオン、アウランガバードなどが対象になるとみられる。ムンバイでの感染例は14日時点で1万6,500件余り。州内の感染例は月末までに5万件を突破するとみられている。

州政府は一方で、経済活動の再開に向けた支援策の導入も計画している。出稼ぎ労働者が都市部を離れ、労働力が不足している問題では、州政府が専門の部局を立ち上げ、労働者と雇用者の仲介に乗り出す方針だという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント