【シンガポール】域内最大の食品ホテル見本市、22年に延期[食品](2020/05/18)

シンガポールで隔年開催されてきた東南アジア最大規模の総合食品・ホテル見本市「フード・アンド・ホテル・アジア(FHA)」の2年延期が決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今年の開催は見送り、2022年5月10~13日に開催する。

ホテル、レストラン、カフェにテーマを絞った「FHA―ホレカ」の開催を22年に延期する。ホテル・旅行業界が世界的に回復するには期間を要することから、延期を決めた。

本来は今年3月の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの流行当初は同7月に延期していた。22年開催でも会場は予定通り、東部の大型展示場シンガポール・エキスポを利用する。

姉妹イベントである「FHA―フード&ビバレッジ」は、エキスポで21年3月2~5日に開催する予定だ。なお両イベントは18年まで、合同で実施していた。

シンガポールでは新型コロナウイルスの影響により、「ビルドテック・アジア2020」や「ITショー2020」など大型国際イベントの多くが開催を延期している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント