【タイ】三菱自動車、コロナ禍で早期退職者を募集[車両](2020/05/15)

三菱自動車のタイ法人ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)が、早期退職者の募集を開始したことが14日までに分かった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い国内外で自動車需要が縮小していることを受けて、同社は断続的に生産を停止している。

MMThの広報担当者によると、事務所と工場に勤務するすべての従業員を対象に希望者を募る。54歳以下で、勤続年数が1年以上であることを条件とし、年齢と勤続年数に応じて8~35カ月分の給与に相当する退職金を支払う。タイ国内の従業員数は約7,000人という。

MMThは、4月1~26日に東部チョンブリ県レムチャバンにある3工場で生産を一時停止した。同27~30日に一部再開したが、5月に入り再び一時停止。広報担当者によると、18日から生産を順次再開する。稼働再開後の生産体制は稼働停止前と変わらないという。これらの工場では、小型セダン「アトラージュ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」、ピックアップトラック「トライトン」などを生産している。

タイ国トヨタ自動車(TMT)の発表によると、三菱自動車のタイにおける2020年1~3月の販売台数は前年同期比29.2%減の1万6,974台。市場シェアは8.5%で、トヨタ自動車、いすゞ自動車、ホンダに次ぐ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント