【中国】ホンダ、テンセントと車載向けアプリで提携[車両](2020/05/19)

ホンダの中国法人、本田技研工業(中国)投資は18日、インターネットサービス大手の騰訊控股(広東省深セン市、テンセント)と戦略提携覚書を交わしたと発表した。テンセントが展開する自動車のインターネット(IoV)向けアプリをホンダの車両に搭載し、応用を図ることで協力していく。

ホンダが採用するテンセントのアプリは2種類。1つはモビリティー支援の機能を備えた「騰訊随行」で、チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の車載版や、電子決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を利用した「無感支付」(有料道路の料金所で専用機器にナンバープレートを読み込ませるだけで自動的に支払いが完了するシステム)などを含む。もう1つは音声機能を活用したアプリを集めた「騰訊愛趣聴」で、音楽配信の「QQ音楽」、電子書籍の「微信読書」、ニュースサイトの「騰訊新聞」などを含む。

本田技研工業(中国)投資の担当者によると、ホンダ独自の通信機能を備えたコネクテッドシステム「ホンダコネクト」にテンセントのアプリを取り込む形を想定しているという。中国で展開するホンダの量産車にできるだけ早期に搭載することを目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント