【マレーシア】三菱自、全販売店とサービスセンターを再開[車両](2020/05/19)

三菱自動車の正規販売会社、マレーシア三菱自動車(MMM)は18日、同国全土のショールームとサービスセンターの操業を再開したとは発表した。MMMは、条件付き活動制限令が施行された今月4日から大半のショールームなどを再開していた。

MMMは、マレーシアでショールーム50カ所(マレー半島35カ所、東マレーシア15カ所)とサービスセンター51カ所を展開する。

MMMはショールームの完全再開に合わせ、オンライン試乗予約サービス「テストドライブ2U」を開始した。試乗希望者は、ウェブサイトで試乗を希望するモデルや最寄りの販売店を選択し、必要事項と希望日時を入力すれば、MMMの販売員から連絡が来る。

試乗では、前後に車両と車の鍵を消毒し、販売員は手指消毒剤とマスクを使用する。MMMは、顧客にも同様に手指消毒剤とマスクの使用を推奨。試乗は1回当たり1人に限定し、同乗する販売員が後部座席に座ることで、社会的距離を維持する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント