【ミャンマー】マイクロ金融の営業容認、出社は4人まで[金融](2020/05/12)

ミャンマー計画・財務・工業省傘下の金融規制局(FRD)は、マイクロファイナンス(小口金融)機関(MFI)の営業について、事務所1カ所につき最大4人までの出社を認めることを決めた。11日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーで公示した。

労働・移民・人口省は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、各事業の営業に関する指針を発表。その中で「金融業と保険業は『公的サービス』であり、保健・スポーツ省が示した新型コロナ感染拡大予防措置を講じている場合に限り、営業を認める」と説明した。

MFIは、借り手との現金手渡しで融資や返済を行う人海戦術で事業を推進する。感染拡大につながる恐れがあるため、FRDは4月初旬にMFIの営業を月末まで禁止すると発表。その後、停止期間を5月15日まで延長すると通達していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント