【ベトナム】FC東京、ベトナムのサイゴンFCと提携[社会](2020/05/11)

J1のFC東京を運営する東京フットボールクラブ(東京都調布市)は8日、ベトナムのVリーグ(ベトナムのプロサッカーリーグ)・サイゴンFCと提携したと発表した。クラブ運営や次世代サッカー選手の育成などに協力する。

両チームは、4月30日に提携した。FC東京は、サイゴンFCの◇サッカースクール事業◇クラブ運営全般◇アカデミー組織立ち上げ――に協力する。地域貢献活動にも協力して取り組む。サイゴンFCは2016年設立の新鋭チーム。ホーチミン市のトンニャット・スタジアムをホームとしている。

東京フットボールクラブの大金直樹社長は声明で、「ベトナム最大都市のホーチミンで、サッカーを通じた地域貢献やサッカーの普及、選手育成をサポートしてサッカー文化の醸成に寄与したい」と指摘した。

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により、サッカーなどスポーツ業界も影響を受けている。提携に伴う活動開始時期は、ベトナムへの渡航や現地での活動制限が解除された後としている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント