【シンガポール】最多142人感染、邦人女性も(8日)[社会](2020/04/09)

E0e505b0 6990 4d84 b8c2 9dbb8afcc43a

シンガポール保健省は8日夜、新型コロナウイルスの感染者を同日正午時点で新たに142人確認したと発表した。1日当たりの新規感染者数は過去最多となった。国内感染が140人で大半を占めた。引き続き外国人労働者向けの宿泊施設での感染例が多かったほか、邦人女性も含まれていた。累計の感染者数は1,623人となった。

国内感染のうち68人は過去の感染例との関連を確認。既存クラスター(感染者の集団)からは55人で、外国人労働者向け宿泊施設の複数カ所で計40人の感染を確認した。

新たに判明したクラスターはなかった。国内感染の残り72人の感染経路は判明していない。

現在確認されている13のクラスターのうち、9つが外国人労働者向けの宿泊施設となっている。

海外感染は2人で、いずれもシンガポール人。渡航先は英国だった。

国籍が判明している感染者のうち、バングラデシュ人が55人で最多。これにシンガポール人の37人、インド人の18人が続いた。労働ビザを保有する日本人女性(37)の感染も確認された。

8日正午時点で新型コロナウイルス感染症のため入院しているのは669人。うち重篤な状態で集中治療室(ICU)に入っているのは前日から変わらず29人だった。

入院の必要はないものの、陽性診断が下りている542人は、コミュニティー隔離施設などに留め置かれている。退院者は29人増えて406人。死者は計6人で変わっていない。

保健省は感染経路や他の感染者との関連が明らかになっていない国内感染者について、引き続き調査を進めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント