【台湾】鴻海、米工場で人工呼吸器生産へ[IT](2020/04/09)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業は8日、米国ウィスコンシン州の工場で人工呼吸器を生産すると明らかにした。アイルランドを本拠とする医療機器メーカーのメドトロニックと共同で開発する。中央通信社などが伝えた。

メドトロニックのオマール・イシュラク最高経営責任者(CEO)が人工呼吸器の量産を巡って鴻海と提携すると米国メディアに話し、鴻海が事実と認めた。

鴻海によると、前董事長の郭台銘氏が同社とメドトロニックとの間を取り持ち、提携が実現した。現在は双方が共同で研究開発(R&D)を行っている段階。できるだけ早く量産体制に入りたい考え。

新型コロナウイルス感染症のまん延を受け、米国では人工呼吸器が不足している。トランプ米大統領は先ごろ、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)などの大手企業に人工呼吸器の量産を命じていた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント