【シンガポール】シンガポール航空、輸送能力96%削減[運輸](2020/03/24)

Bebc3d9b 58d6 44c2 8216 4a15fd727e6e
シンガポール航空は4月末までの旅客輸送量を96%削減する(同社提供)

シンガポール航空は4月末までの旅客輸送量を96%削減する(同社提供)

シンガポール航空(SIA)は23日、4月末までの輸送能力を96%削減すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による旅客の急減を受けた措置となる。

短・中距離路線子会社シルクエアーと合わせて、運用する147機のうち138機の運航を停止し、地上待機状態とする。傘下の格安航空会社(LCC)スクートについては、49機のうち47機を運航しない。

SIAはまた、新型コロナウイルス感染の収束時期が不明なため、コスト削減策として経営陣、取締役の報酬をカットするほか、調達契約した航空機の引き渡し延期をメーカーに要請している。資金繰り改善に向けて、銀行につなぎ融資を要請しているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント