【マレーシア】活動制限令、必要なら延長=ムヒディン首相[経済](2020/03/19)

マレーシアのムヒディン首相は18日夜に演説し、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むために同日に開始した2週間の活動制限令を「必要に応じて、延長する可能性もある」と明らかにした。

ムヒディン氏は、活動制限令の前夜に帰省する国民が多かったことに触れ、政府の狙いは新型コロナウイルスの感染防止で、満員のバスや市場などの人混みの中に入ることは危険だと強調。また、外食を禁じているにもかかわらず、持ち帰りではなく店で食事をする人がいることにも懸念を示した。

ムヒディン氏は「自分と家族を守るために、家にとどまりなさい」と再三、呼び掛け、この2週間で新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込めなかった場合、活動制限令の期間を延長する考えを示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント