【台湾】新型コロナの感染者、10人増え77人[社会](2020/03/18)

台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心は17日、新型コロナウイルス感染症の感染者を新たに10人確認したと発表した。全て域外で感染したとみている。単日ベースの感染者数の最多を更新し、台湾での感染者は77人となった。

68~70人目と73人目は北部と中部に住む20~60代の男女で、今月4~13日にトルコを旅行。56~57人目、65~67人目の感染者と同じ団体ツアーに参加していた。

71人目は北部に住む60代男性。今月3~12日にエジプトを訪れた。55人目、63人目の感染者と同じ団体ツアーだった。13日からせきや鼻水などの症状が出た。

72人目は南部の70代女性で、今月5~14日にオーストリアとチェコを団体ツアーで訪れた。15日から発熱など肺炎の症状が出た。

74人目は南部の30代男性。2月25日~3月10日に友人7人と個人旅行でアイスランドを訪れた。14日から歯痛や全身の倦怠感などの症状が現れた。

75人目は南部の20代男性で、2月23日~3月8日にドイツを旅行し、8日から鼻水などの症状が出た。

76人目は北部の30代女性で、今月1~12日に友人2人とフランスを旅行した。12日から喉の痛みなどの症状が現れた。

77人目は北部の60代女性で、1月20日に台湾を出発し、ドバイ経由でチェコを訪れた後、3月7日に米国に向かい、16日に台湾に戻った。米国滞在中の10日から発熱や下痢などの症状が現れていた。

16日時点の域外感染は50人、域内感染は27人。これまでに22人の隔離が解除された。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント