【台湾】ピーチ、3~4月の台湾線を減便・運休[運輸](2020/03/17)

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは16日、台湾路線を3~4月に減便、運休すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う需要減退を受けた措置。

このうち関西―台北(桃園)線は3月19日から4月23日にかけて、当初計画していた1日当たり3~4往復便を1往復便に減らす。成田―桃園線も3月19日~4月23日に当初計画の3往復便を1往復便とする。那覇―桃園線は3月29日~4月23日の間、3往復便を1往復便に減便する。

福岡―桃園線は3月19日~4月23日を運休。札幌(新千歳)―桃園線は3月29日~4月22日、仙台―桃園線は3月19日~4月23日をそれぞれ運休する。

高雄路線は、関西―高雄線を3月19日~4月23日、成田―高雄線を3月28日~4月23日、那覇―高雄線を3月29日~4月23日の間それぞれ運休する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント