【インドネシア】新型肺炎の感染者27人に、新たに8人追加[社会](2020/03/11)

インドネシアの保健省は10日夕方、新型コロナウイルスの感染者を新たに8人確認したと発表した。うち2人は外国人。国内感染者数は発表時点で合計27人となった。ニュースサイト『デティックコム』が同日伝えた。

保健省のアフマド・ユリアント報道官によると、外国人の感染者は、53歳女性と、46歳男性。国籍については明らかにしていない。いずれも、海外からの帰国後に感染が判明した「輸入感染」だという。

インドネシア人の感染者6人は、女性4人、男性2人。年齢は33~73歳。

■感染者専用の医療施設建設へ

バスキ公共事業・国民住宅相は同日、リアウ諸島州バタム島南方のガラン島に、新型コロナウイルス患者用の医療施設を準備していると明らかにした。2~3週間以内の開業を目指す。ガラン島は、1979~96年にベトナム難民キャンプがあった場所。まずは2階建ての2棟を建設する。経過観察患者病棟のベッド数は230床、隔離病棟のベッド数は集中治療室(ICU)が30床、一般病室が20床になる見通し。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント