【ミャンマー】第一生命、ブランド大使に総合格闘技の英雄[金融](2020/03/06)

6ac270f1 dc36 4b93 ade7 6c042e0bb8a8
第一生命ミャンマーのブランド大使になった総合格闘家のアウンラ・ンサン氏(同社提供)

第一生命ミャンマーのブランド大使になった総合格闘家のアウンラ・ンサン氏(同社提供)

ミャンマーで全額出資会社を設立した第一生命ホールディングスは、総合格闘技(MMA)の有名選手であるアウンラ・ンサン選手を、ブランド大使に任命した。現地会社の第一生命ミャンマーが発表した。

アウンラ・ンサン選手はミャンマー北部カチン州生まれで、現在は米国に住む。「ビルマパイソン(ニシキヘビ)」と呼ばれるミドル級・ライトヘビー級の世界王者で、出身地のカチン州ミッチーナには銅像が建てられているほど人気がある。

今後はブランド大使として、第一生命がミャンマーで行う生命保険の販促活動などに参加する。顧客や代理店との会合にも臨み、生命保険の利点や商品、サービス内容について説明も行う予定だ。第一生命ミャンマーの高濱芳仁副最高経営責任者(CEO)は「国内で尊敬されるアスリートとのパートナーシップで、人々がより保険商品やサービスを理解することにつながると確信している」とコメントした。

アウンラ・ンサン選手は「いつも力を与えてくれるミャンマーの人々の生活を良くするために、全力を尽くしたい」と語っている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント