【タイ】日本人学校が卒業式中止、教育省の指示受け[社会](2020/03/05)

バンコク日本人学校とシラチャ日本人学校(東部チョンブリ県)を運営する泰日協会学校は3日、今月7日に予定していた卒業式を中止し、代わりに6日に児童・生徒へ卒業証書を授与すると発表した。タイ教育省が50人以上の集会を制限する指示を出したためとしている。

またタイ政府が指定する新型コロナウイルスの感染地域から帰国・入国した人が、14日以内に校内へ立ち入ることを禁止した措置についても、政府が対象地域を拡大したことを受けて対応を変更したと発表。現在タイ政府は、これまでの7カ国・地域(日本、中国、韓国、台湾、シンガポール、香港、マカオ)に加えて、イタリア、イラン、フランス、ドイツの4カ国を感染地域に指定し、ベトナムとマレーシアを外した。

これを受け、イタリアとイランへ渡航した人(来校者本人)は3月1日以降に、フランスとドイツへ渡航した人(同)は2日以降に帰国した場合、その日から14日以内の校内立ち入りは禁止とした。また、同居人が感染地域へ渡航したケースについても、1日以降にフランスとドイツを除く9カ国・地域から同居人が帰国もしくは2日以降にフランスとドイツから帰国した場合、その日から14日以内の来校が禁止となる。

日本人学校2校は3月13日~4月23日が春休みとなる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント