【ベトナム】1月の自動車輸入、前月比35%減の4281台[車両](2020/02/18)

ベトナム税関総局によると、2020年1月に輸入した完成車(CBU)は前月比35.4%減の4,281台だった。輸入額は46%減の1億1,100万米ドル(約122億円)となった。15日付トイバオ・タイチン電子版などが報じた。

タイからの輸入が1,832台、インドネシアからが1,703台で、合わせて全体の83%を占めた。輸入地別では、ホーチミン市が1,698台で、前月から10.6%減少。北部ハイフォン市が29.1%減の884台だった。

9人乗り以下は18.3%減の2,593台で、全体の60.6%を占めた。輸入額は5,120万米ドル。国別では、インドネシアからが1,589台(27.9%増)、タイからが591台(63%減)となった。

トラックは、輸入台数が24.9%減の1,490台、輸入額が36.5%減の4,460万米ドルだった。タイからは27%増の1,240台。このほか、インドネシアは78%減の114台、ロシアは89%減の30台だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント