【タイ】トヨタ、定額リース対応車両を10車種に倍増[車両](2020/02/19)

トヨタ自動車の現地法人タイ国トヨタ自動車(TMT)とトヨタ・リーシング(タイ)は17日、定額制の自動車リースサービス「KINTO(キント)」の対応車両を5車種から10車種に拡充した。昨年10月のサービス開始から好評を得ており、車種を倍増してさらに幅広い顧客を取り込む。

新たに◇セダン「カムリ」の排気量2.5リットルと同ハイブリッド車(HV)プレミアム◇スポーツタイプ多目的車(SUV)「C―HR」のHV・Hi◇セダン「カローラ・アルティス」のHV・HiとGRスポーツ――の5車種がリース可能となった。パッケージは従来通り年間走行距離で1万5,000キロメートル、2万5,000キロ、4万キロ、契約期間で36カ月か48カ月をそれぞれ選ぶことができる。料金は月額1万1,630~3万3,040バーツ(約4万900~11万6,100円)。

サービスの提供場所はバンコク、バンコク北郊パトゥムタニ県、同ノンタブリ県、東郊サムットプラカン県で変わらない。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント